主なサービス

知的財産の売買及びライセンス仲介業務

知的財産の売買やライセンスによるマネタイズは、事業の選択と集中による知的財産の資金化や負債・株主資本が増加しない資金調達として、知的財産をコアとした有効な事業戦略です。弊社は、クライアントの知的財産を市場価値で評価した上で、特許等の知的財産の売買やライセンスの交渉等のアドバイザリーサービスを提供しています。

M&A・事業譲渡の仲介業務

知的財産やノウハウが企業や事業と不可分であり、技術やブランドをコアとした企業のM&Aや事業譲渡が適切な場合等、売り手及び買い手のニーズに応じて、企業のM&Aや事業譲渡の仲介を行ないます。知的財産の売買等と同様に、弊社は、クライアントの知的財産をコアとした企業や事業を市場価値で評価し、企業のM&Aや事業譲渡のアドバイザリーサービスを提供します。

弊社は、豊富な知財の評価実績がに基づき、評価において選定した知的財産の売買やライセンスの候補先に対して、大手メーカー・銀行・VC等とのネットワークを最大限に活かした仲介のアドバイザリーサービスを提供致しております。

知的財産の仲介業務

知財や事業の売買に対するニーズ

売り手側のニーズ

  • 事業の選択と集中による非コア事業や知的財産の売却

    • 大手メーカー等では、マーケットシェア、技術のライフサイクル、コアコンピタンスとの関連性等から非コア資産の売却を検討するケースがあります。非コア事業や当該事業の知的財産に対して他社における価値がある場合、資金化を図るために知的財産や事業等の売却が検討されます。
  • 他社へ技術供与等の展開による資金化・収益化

    • 中小企業やベンチャー企業において自社での事業展開に限界があり、知的財産の自社実施(使用)だけでは特許やブランドの価値を最大化できないケースがあります。他社への技術供与(ライセンス)や知財売却等により、自社での事業展開を越えて収益を得る機会を創出することができます。
  • 事業承継による事業売却やM&A

    • 後継者不在等の理由により、中小企業の技術や特許をコアに事業売却やM&Aを検討するケースがあります。技術に強みがある企業の場合、知財価値を踏まえた事業譲渡や企業のM&Aにより最大限の売却価値を得られる場合があります。

買い手側のニーズ

  • オープンイノベーションに基づく外部の新規技術・事業の取り込み

    • 大手メーカー等では、自社内の研究開発に加えて、外部からの技術導入によるオープンイノベーションを促進しています。共同開発、ジョイントベンチャー、ライセンスイン、M&A等の様々な形態により、外部の技術や事業を取り込み、将来のコア事業に育成する機会が得られます。
  • 有名ブランドの獲得によるブランド認知の向上

    • 顧客へのブランドの認知度を上げて、優位性のあるブランドを構築するためには、多大な時間とコストを要します。有名ブランドのライセンスの獲得により、時間的なギャップを埋め、短期間に競合に対する優位性を高める機会を得ることができます。
  • 特許訴訟リスクの低減

    • 主にアジアの企業が日系や欧米企業からの特許訴訟に対抗するために、一定規模の特許ポートフォリオを購入するケースがあります。これらの企業には、特許訴訟が頻発する米国や欧州市場での製品の保護や特許侵害訴訟に対抗する手段として、最先端技術における米国特許や欧州特許を購入する買い手のニーズがあります。

弊社の仲介実績

  • 大手電機メーカーにおける特許売買の仲介
    • 事例:ITベンチャーから大手電機メーカーへの特許売買仲介
    • 国内ソフトウエア会社の海外大手電機メーカーへのライセンス仲介
  • 大手食品メーカーにおける事業譲渡の仲介
    • 事例:ベンチャー企業から大手食品メーカーへの事業譲渡仲介

仲介業務の手数料体系

仲介業務の受託した時点で、評価や着手金等の若干の費用を頂き、その後は基本的に成功報酬となります。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら